AGAの改善には治療薬がオススメです!しかし、利用者の口コミに副作用の報告があって少し不安になってしまう事もありますよね?事前に有効成分フィナステリドの効果や副作用について知っておけば防げる可能性も増えます!また、副作用が現れた時の対処方法もわかっていれば焦らずに対応することができます!きちんと確認してAGA治療薬を利用しましょう!

薬を持つ人
  • ホーム
  • 薄毛治療するなら安いフィンペシアが良い

薄毛治療するなら安いフィンペシアが良い

落ち込む男性

フィンペシアは薄毛治療のジェネリックで、AGAの原因物質を抑制してくれます。
5αリダクターゼという脱毛酵素の働きを阻害することで、本来の発毛サイクルに戻していくわけです。
薄毛治療は血行促進が鍵となりますが、AGAに関しては男性ホルモンが強く関わっています。
薄くなる部位・フサフサの部位が分かれるようなら、ほぼ確実にAGAだと考えられます。
こうした症状にフィンペシアは効果的であり、先発医薬品より圧倒的に安く購入できるのがメリットでしょう。

国内のクリニックでフィンペシアは処方していませんが、これは成分特許期間が切れていないためです。
海外でジェネリックを販売できる理由は、成分特許の存在しない国で製造・流通されているためです。
通常のネット通販では購入できず、個人輸入代行サイトでのみ販売しています。
価格は1錠30円未満のサイトもあり、サプリメントと比較しても安いです。
安いと継続的に治療ができるため、効果を実感しやすくなります。

前頭部・頭頂部が薄くなる場合は男性ホルモンの影響を強く受けており、一般的な対策では解消しません。
発毛剤を使用してもほとんど効果が出ないなら男性ホルモンが関係するAGAだと考えられます。
フィンペシアは男性ホルモンを抑制して頭皮サイクルを正常にしてくれるので、少しずつ前頭部・頭頂部の毛量は復活していくでしょう。
産毛が少しずつ太くなってきたら効果が出ている証拠なので、その後もコツコツと使い続けてください。

フィンペシアはAGAに効果的ですが即効性はありません。
6ヶ月以上の使用が推奨されており、効果を実感できたらその後も使用を継続してください。
頭皮サイクルを正常にするためには、肌サイクルの場合と比較しても時間がかかります。
薄毛治療で失敗する理由の多くは途中で治療をやめることにあるため、常に継続を意識してください。
フィンペシアは価格は非常に安いですが、効果は先発医薬品とほぼ変わりません。

先発医薬品とフィンペシアの価格の違い

フィンペシアは先発医薬品のジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品といっても、先発医薬品となるAGA治療薬と同じ有効成分が、同じ量含まれているので薄毛治療に対して大きな効果を発揮します。
フィンペシアと先発医薬品の薄毛治療薬を比較してもそん色はありません。違いがある点といえば「価格」です。

先発医薬品は有効成分の開発費用などに、莫大な費用がかかっているのでその分、価格は高めとなります。
一方、ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも開発費用がかかっていないため、価格が安くなる傾向にあるようです。

例えばフィンペシアと同じ有効成分を配合している先発医薬品を、国内のクリニックで処方してもらった場合、薬価の相場は1か月分につき約6000円程度です。
この金額に初診料などが加算されると、1か月分にかかる費用は1万円を超えるケースもあります。

フィンペシアはクリニック処方ではなく、ネット通販で購入できる薄毛治療薬です。
日本は新しい医薬品が認可されるまでに時間がかかる国で、今現在フィンペシアも認可が下りていません。
ですのでネット通販を活用し、海外から輸入したものを手にするという形となります。

ネット通販の場合はクリニックのように初診料などがかからないため、より安い価格でジェネリック医薬品を購入することが可能です。
1か月分の費用は安い通販サイトだと約700円、高いところでも約1700円程度が相場となっています。
平均するとフィンペシアの価格は約1000円程度です。

国内のクリニックで処方してもらう場合と比較した場合、かなり価格に差があることが分かるでしょう。
薄毛治療薬は毎日服用を続けてこそ効果を発揮します。
続けやすさを考えるのであれば、お得なフィンペシアもおすすめです。