AGAの改善には治療薬がオススメです!しかし、利用者の口コミに副作用の報告があって少し不安になってしまう事もありますよね?事前に有効成分フィナステリドの効果や副作用について知っておけば防げる可能性も増えます!また、副作用が現れた時の対処方法もわかっていれば焦らずに対応することができます!きちんと確認してAGA治療薬を利用しましょう!

薬を持つ人
  • ホーム
  • フィナステリドは妊娠女性が触ると危険

フィナステリドは妊娠女性が触ると危険

鏡をみる男

AGAの治療薬にはフィナステリドと呼ばれる成分が入っているものが多く見られます。
この成分は様々な副作用を引き起こす可能性のあるもので、特に妊娠女性や子供がいる既婚男性が使用する際には十分な注意が必要です。

フィナステリドはAGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑制する効果があり、AGAの進行を食いとめて改善につながります。
つまりAGAの人がジヒドロテストステロンを摂取することで、発毛や育毛に効果を発揮し、AGAが改善されるということです。
しかしジヒドロテストステロンにはおなかの中の赤ちゃんに対して非常に重要な役割があります。

ジヒドロテストステロンの役割としては、おなかの赤ちゃんの性器が正常に発達するために重要な役割をもっています。
おなかの赤ちゃんが大きくなる際にジヒドロテストステロンが不足してしまうと、男性器がうまく成長できなくなってしまいます。
おなかの中の赤ちゃんの生殖器が形成されている最中にこの成分が侵入すると、陰茎の形成不全を招く危険性が大きくなるでしょう。
これだけにはとどまらず、精子が生成されないなどの生殖機能にも影響が及ぶこととなります。
また胎児だけではなく正常に生まれた子供が口にした場合にも、生殖機能に障害が出る可能性があるということです。

これらのことからフィナステリドは妊娠女性や子供が飲まなければよいと思っている人も多いかもしれません。
フィナステリドは脂肪に溶けやすい性質があり、分子量が非常に小さいため、微量でも皮膚から吸収される可能性が非常に高く見られます。
つまり触っただけでも危ないということになるでしょう。
そのため特に既婚男性は、妊娠女性や子供がフィナステリドに触らないように十分注意しなければなりません。

またフィナステリドの副作用はこれだけにとどまりません。
フィナステリドは通常使用する程度の量であっても、精子の数や精液を減らす作用があるといわれています。
そのため不妊治療をしている男性はフィナステリドの服用をやめるべきであり、不妊治療を希望する男性は特に使用には十分な注意が必要です。
服用をやめれば精子の数は大きく回復するので、子づくり期間は服用を中止するなど、夫婦で十分に相談して使用するようにしましょう。

子づくり期間中もフィナステリドの服用は避ける

AGA治療薬に用いられるフィナステリド。
妊娠女性の体内にこの成分が侵入してしまうと、おなかの中の赤ちゃんの男性器の発達に悪影響を及ぼす恐れがあります。
さらにフィナステリドは皮膚から吸収される可能性が高いため、妊娠女性や子供は触らないようにしなければなりません。
では男性が服用していた場合、子づくりをすることもできないのでしょうか。

フィナステリドを男性が服用した場合、精液に含まれる量はごく微量です。
そのため精液が女性の体内に入ったとしても、子供に影響が出る心配は少ないです。
ただしこれは正規のAGA治療薬を、正しい用法用量を守って飲んだ場合に限ります。
摂取する量が多いとそれだけ精液に成分が含まれる量も多くなり、女性に悪影響を及ぼす可能性も高くなります。
特に輸入品のAGA治療薬は含まれているフィナステリドの量も多いため、注意が必要です。

フィナステリドを服用していても、精液に対する影響は比較的少ないです。
ただし子づくり期間中はできるだけ服用を避けた方が良いです。
なぜならフィナステリドによってジヒドロテストステロンが減少すると、服用している男性の性器に障害が生じる恐れがあるからです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種。精子の数や精液の量、勃起に関係しています。
フィナステリドの服用によってジヒドロテストステロンが減少すると、精子の数や精液の量が減少する恐れがあります。
また性欲減退等により、勃起不全に陥る危険性も生じます。

フィナステリドは妊娠女性だけでなく、服用している男性の生殖機能にも影響を及ぼす恐れがあります。
もし服用している場合は夫婦で十分に相談することが大切です。
特に子づくり期間中はどうするか、十分に話し合ってから服用するようにしましょう。
なお副作用が不安な場合は、服用を中止してから1か月ほどで血液からフィナステリドの成分が抜けます。
不安な場合は服用を避けましょう。